北国街道 武者隠れの道 能の辻 今重屋敷 能舞館

ようこそ 今と昔が重なる屋敷へ

■当館について
今重屋敷能舞館は、造り酒屋を営んでいた伝統的町屋を修復再生し、蔵として使用されていた建物を新たに能の展示場として、平成23年7月18日に開館いたしました。
当館では能への興味を高めていただくことを旨として、「湖北に縁の深い能」「親しみ、楽しめる能」をコンセプトに、長浜の方々がお持ちの装束や楽器・能面などの展示のほか、謡や仕舞、能面打ちの教室を開催しています。

■能と長浜
現在受け継がれている能は、猿楽の粋を集めたものであると言われています。
その中でも大きな一派として、近江猿楽と大和猿楽を挙げることができます。
近江猿楽の6座のうち2座は長浜市内にあったとされ、市内の神社には鎌倉、室町時代からの能面や装束が伝えられており、長浜八幡宮には1778年に建築された能舞台も現存しています。
このように芸能への関心が高く、芸能環境が整っていたことなどを背景に、曳山祭りや子供歌舞伎につながっていったと考えられます。

館内のご案内

■1階 -the first floor-
入ってすぐのところに約1/2スケール(3m四方)の能舞台がございます。
能楽師になった気分で記念撮影をされるお客様も、たくさんいらっしゃいます。

                 ↑↑舞台をクリック↑↑

■2階 -the second floor-
能面や能装束、小物、楽器などの展示をしています。
左端に写っているチェーンは、造り酒屋当時のままの滑車です。

■常設展示の案内
ただいま、能舞館第8期展示の能装束や能面のほか、近江井関家 二代目治郎左衛門親政作「茗荷悪尉」「大天神」を展示しております。展示の複製能面は、当館で能面打ち指導をして頂いている能面作家の伊庭氏が監修し、「REAL‐f」社と協力して完成されたものです。

おしらせ

2016/9/5
イベント案内を更新しました。
2016/3/1〜
・装束が入れ替えられました。[能舞館内2F]
 また新たな豪華装束をお楽しみ下さい。
2016/10〜12月
・展示作品募集中 [通路ギャラリー]
 詳細は能舞館までお問い合わせください。

休館日のおしらせ

・現在、臨時休館のお知らせはございません。
※水曜日は通常休館日です。
「大雪」や「暴風」等の悪天候、またその他の理由により臨時休館する場合がございます。
その際は当館入口掲示、またはブログやfacebookにてお知らせいたしますのでご確認をお願いいたします。(お電話・メールでのお問い合わせはご遠慮ください)

当館へのアクセス

   

〒526-0059
滋賀県長浜市元浜町23-17
TEL.FAX 0749-50-1272
MAIL noubukan@maia.eonet.ne.jp

開館時間 10:00〜17:00 (水曜日休館)
入館料  【個人】 一般500円 中高生200円
     【団体】 一般300円 中高生100円
         **団体は10名様以上**
         **小学生以下は無料です**
※当館に駐車場はございません。お車でご来館の際は近隣のコインパーキング等をご利用下さい。

随時更新中!


inserted by FC2 system